Let it be-素直に愛せない私たち- 曙霖

Let it be-素直に愛せない私たち-

曙霖

「傷も後悔もなく、私たちは別れられる」
芸能事務所で働く杏珠は、元彼からの電話に出続けている。全てを忘れて前へ進みたいけれど、ひどい別れ方をした罪悪感や彼に支配されていた10年という月日に捕らわれて、その一歩が踏み出せずにいた。そんな苦しい日々を送る彼女に救いの手を差し伸べてくれたのは…かつて自らがスカウトした俳優の律だった。「俺はあなたに恋してる」真っすぐに思いを伝えてくれた律と付き合う事になっても、杏珠は傷つけ合う恋愛を恐れてしまい――素直に愛せない、不器用な男女の恋物語。

試し読み

share